日本スポーツ協会公認
アスレティックトレーナーとは?

 

スポーツ指導者資格として、公益財団法人日本スポーツ協会(JSPO)は1994年からアスレティックトレーナー(AT)養成制度をスタートしました。2014年10月1日時点で2,324名がこの資格を取得して、オリンピック競技大会などの国際競技大会をはじめ、国民体育大会やさまざまな競技における国内トップリーグから大学や高校などで活動するアスリートのサポートをしています。

JSPOはATを
「スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとに、
競技者の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、
アスレティックリハビリテーション及び
トレーニング、コンディショニング等にあたる」者

と定義しています。

JSPOは公認ATの役割を7つ示しています。

  • スポーツ外傷・障害の予防

    メディカルチェック、熱中症予防、
    ドーピング対策など

  • スポーツ現場における救急処置

    心肺蘇生法、RICE処置、
    緊急対応計画の実施など

  • アスレティックリハビリテーション

    安全な早期復帰に向けて
    効果的なアスリハの指導など

  • コンディショニング

    傷害予防と競技力向上を目的とした
    トレーニングの指導など

  • 検査・測定と評価

    さまざまな状況下で選手の
    コンディションを把握するための評価など

  • 健康管理と組織運営

    選手の健康データ収集と管理、
    サポートスタッフ間の連携構築など

  • 教育的指導

    選手や指導者をはじめ関係者に対する
    情報提供・共有と教育的指導など

外部リンク

(参考)日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト(1)アスレティックトレーナーの役割より